相続放棄とは

ImgTop8.jpg
相続放棄とは、プラスの財産よりもマイナスの財産が多い時など、何らかの原因で相続人になりたくない場合に相続権そのものを放棄することを言います。
 
例えば、お亡くなりになった被相続人に多額の借金があった場合などは、相続人がそれらの財産や借金の相続を「引き継がない」と申請することができます。
 
相続放棄の場合は、基本的には相続対象となるプラスの財産(「不動産」「現金」「株式」など)、マイナスの財産(「借金」「住宅ローン」など)の全てとなります。
 

相続放棄ができる期間はたったの3ヶ月・・・・!?

相続放棄は、通常の場合は、被相続人が亡くなったことを知ったときから3ヶ月以内に、家庭裁判所に相続放棄の申立てをしなければいけません。
相続放棄をするかどうかを判断するためには、相続人が財産、借金のどちらが多いのか調査してその内容を把握する必要があります。
 
その、調査期間として、「3ヶ月」の期間が設けられているわけです。

 

相当の理由があれば3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる場合があります。

相続放棄をしようと思ったが、3ヶ月を過ぎてしまっているためできない!
だから諦めて欲しい・・・・といわれてしまった方。諦めるのはまだ早いです。
 
3ヶ月を過ぎても相続放棄はできる場合があります!
 
相続放棄は相続が起きて(親族が亡くなられて)から3ヶ月以内にするのが通常ですが、例えば、「亡くなったことを知っていた。自分が相続人であることも知っていた。
 
ただ、借金があることを知らなかったから相続放棄はしなかった。」というケースの場合、最高裁判所は相続放棄を認めました。

 

昭和59年4月27日、最高裁判所の判断

死亡という事実および自分が相続人であることを知った場合でも、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じており、かつ、相続人においてそのように信ずるについて相当な理由があると認められる場合には、相続人が相続財産の全部若しくは一部の存在を認識したとき又は通常これを認識し得べかりし時から起算される。

要するに、相当の理由があれば3ヶ月を過ぎても相続放棄を認められる場合があるということです。
 

 


ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.