遺言書の種類

image1.png
遺言書には大きくわけて3種類あります。
1.自筆証書遺言
2.公正証書遺言
3.秘密証書遺言 です。

種類によってメリットや取り扱い方 が異なっておりますので、注意が必要です。
 

1.自筆証書遺言

自筆証書遺言とは一番手軽に作成できる遺言書です。
遺言の全文、日付、氏名を自筆し、これに押印することによって成立します。
 

保管場所には十分気をつけましょう。

遺言書の内容は相続人の損得に関係してきますので、遺言書が発見された場合、偽造される危険性があります。

また、自身で管理することで保管場所がわからなくなり、紛失するケースもありますので、注意しましょう。
よくある保管場所としては銀行の貸金庫があります。
相続人による財産調査で直ちに見つかる場所であり、生前は本人しか開閉することができないため、保管場所に適しています。


 

2.公正証書遺言

公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです
確実な遺言を行いたい人には公正証書遺言がオススメです。

公証人が要件を確認しながら作成するため、自筆証書遺言のように作成時に不備が発生してしまったり、無効になってしまう危険性はほとんどありません。

 

2人以上の証人が必要です

公正証書遺言では、証人が2人以上必要となります。
推定相続人は証人にはなれませんので、税理士などの専門家を証人とする場合が多いです。

 

公正証書遺言は、原本・正本・謄本の3部が作成されます。

正本・謄本は遺言者に渡され原本は公証役場で保管されます。

公正証書遺言の正本と謄本は遺言者本人に手渡されますので、謄本は遺言者が貸金庫など生前には見つかりにくい場所に保管し、正本は遺言執行を依頼する方などに預けておくのが1つの確実な方法です。


 

3.秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、「内容」を他の人に知らせることなく、「存在」のみを公証人に証明してもらう遺言のことです。
遺言の内容を他人に知られることなく作成できる点が、他の遺言書と異なる点です。

 

また秘密証書遺言では、自筆である必要はないので、ワープロ等で作成しても、第三者が筆記したものでも構いません。これに署名し、押印します。これに封をするときに署名押印したのと同じ印で封印します。

 

2人以上の証人が必要です

公正証書遺言と同様に証人が2人以上必要となります。

なお、遺言の内容は秘密にする必要があっても、存在自体を秘密にする必要がなければ、遺言の存在を公証してもらう秘密証書遺言方式の方が、偽造などの危険性が低くなります。
 

 

無効になる危険性は高いです

その遺言書自体は、遺言者自身で保管します。相続発生後、この遺言書を発見した者が家庭裁判所に届け出て、検認手続を受けなければなりません。
また、誰も内容をチェックしないので、遺言としての要件を満たしているかどうか、要件が欠けて無効になる危険性が高まります。

 

以上、3種類の遺言書についてご説明いたしましたが、確実に遺言内容を実行することを目的とするならば、どうしても内容を秘密にしたい場合以外は、当法人では最も確実な公正証書遺言をオススメしております。

遺言に関するご相談にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

 


ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.