配偶者特別控除(夫婦間贈与)

一定の要件を満たした夫婦間で住宅取得の資金を贈与した場合は、2000万円まで贈与税が課されないことになります。
これを配偶者控除といいます。
 

 

配偶者控除の要件

主な要件は次のとおりです。
 
○夫婦の婚姻期間が20年を過ぎたあとの贈与

○配偶者から贈与された財産が、自分が住むための居住用不動産であること
   また居住用不動産を取得する為の金銭であること

○その不動産に、贈与を受けた年の翌年3月15日までに実際に住むこと
    また、その後引き続き住む見込みであること

○配偶者控除は、同じ配偶者からの贈与については一生に一度のみ

○配偶者控除を受けるためには、必ず贈与税の申告が必要
 

この特権を活用すれば、課税遺産総額を大幅に減らすことが可能です。
正味の遺産額が基礎控除額を大きく上回る場合などには、相続税の節税対策として効果的です。
 

生前贈与に関する詳しい知識

贈与税 相続時精算課税制度 住宅取得資金の贈与
配偶者特別控除(夫婦間贈与) 小規模宅地の特例  

 

 

 


ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.