医学部入学と教育資金の一括贈与

 

先日、クライアントの医師との会話で子供の医学部の話題が出た。
私学であれば、相当な入学金・学費を納入しなければならないらしい。
そこで、
相続対策として、祖父から教育資金の一括贈与をしてもらって、相続財産を
事前に減らし、相続税が減るようにとアドバイスさせていただいた。

「教育資金の一括贈与は、まずもって、できるのが、平成25年4月1日~
平成27年12月31日の3年間に限られていますので、確認してください。
そして、内容ですが、
①教育資金の贈与で親、祖父母から30歳未満の子や孫へ一度に1,500万円まで
贈与しても非課税
②対象は、学校等の入学金や授業料
③②以外なら、塾や習い事の月謝等、学校以外では、500万円が限度
④そして、30歳の時点で残高あれば、その年度に贈与課税される
というものです。詳しくは、こちら
一度に1,500万円贈与しても教育資金なら非課税で相続財産を減らし、相続税の
節約になりますね」

「私学の医学部は、入学金と初年度学費で数千万するところもあるらしいんです。」

「そんなにするのですか!? 本当なら、教育資金の一括贈与の限度額1,500万円でも
足りないですね。
と考えなくていいんです。
おじいさんも孫の扶養義務者となりますから、扶養義務者として、扶養に必要な資金
は必要な時、必要な額を使っても贈与税はかかりません

また、私学の医学部で6年間で2900万円支払うのが平均とすれば、
1年あたり、500万円弱を6年間ということですから、祖父がお元気なら、
教育資金の一括贈与とは関係なく、
毎年その500万円弱という学費を扶養義務者として支払っていただく分には、
贈与税の枠外として、扶養義務として認められます。
安心して、おじいさまにお願いして下さい。
相続税対策にもなるからと。
ただし、教育資金の一括贈与では、30歳までに使用しなかった分は、その年
の贈与税の対象になりますから注意して下さいね。また、教育資金以外の
目的で使用したらもちろん贈与税の対象になってきますからね。」
といって、次の話題に移りました。
                     (朝日大阪税理士法人 相続部門 野村政市)



「日本私立歯科大学協会によると、在学する6年間に学生が納める平均額は、
2011年度で約2900万円。07、08年度の約3300万円から1割以上減った。
値下げが本格化したのは、3校が引き下げた10年度の入試から。
11年度は8校が引き下げ、2千万円を切る大学も出てきた。
12年度も3校が引き下げたという。
松本歯科大(長野県塩尻市)は、値下げ幅が際立つ。
08年度まで最も高い約5700万円を集めていたが、09年度に約5200万円、
10年度に3200万円、12年度は一気に08年度の3分の1近い2048万円
まで下げる。・・日本私立歯科大学協会によると、授業で高額な医療機器や
3千点にも及ぶ実習資材を使うこと、教員や職員の人件費の負担などから、
納付金が高額になるという。」(朝日新聞 2011年11月28日)

ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.