相続を放棄した者が保険金を受け取ったら

相続を放棄しても、保険金の受取人は、保険金を受け取ることが出来ます。

相続を放棄してますから、遺贈により取得したことになり、みなし相続財産になり、相続税が
課税されます。

しかし、遺産分割協議の対象にはならないのです。
受取人の印鑑証明書と戸籍謄本があれば、5営業日程度で受け取ることが出来ます。
また、原則、遺留分減殺請求の対象にもなりません。

ただし、相続人に該当しないことから、保険金に対する非課税規定の適用を受けることは
できません(法定相続人一人当り500万円非課税枠が使えないといこうと)。
(相続税法第3条本文、第12条1項5号)
(相続税法基本通達12-8)

                       (朝日大阪税理士法人 相続部門 野村政市)


ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.