婚姻期間20年超の配偶者へ居住用財産等の贈与
 


婚姻期間20年超の配偶者へ居住用住宅・住宅資金贈与2000万円まで非課税となっている。
(住宅資金では翌年3月15日までに居住用財産を取得しその者が居住すること)

ここで、もともと建物が夫婦の共有名義で在り、土地が夫の100%所有であったとき、
夫婦が同居していた共有家屋の敷地のみを妻に贈与した場合にも適用があるか。

このことについては、受贈配偶者がその者の専ら居住の用に供する家屋の存する土地のみ
の贈与を受けた場合であっても、当該家屋の所有者が夫婦であることから贈与税の配偶者
控除の対象となります。

これは、土地を分筆して一部を贈与しても良い。
また、底地は、他人から借りているとして、底地を買い取る資金を配偶者に贈与して、その
資金で買い取ったとしても、その資金贈与は、この贈与税の配偶者控除の対象となります。

                          (朝日大阪税理士法人 相続部門 野村政市)

ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.