事業承継の耳より情報
事業承継の話を小耳に挟んだ。

 


非上場株式の評価が、会社の業績アップとともに上がっていくのは喜ばしいことだが、相続のことを考えると頭が痛い。そこで、次のような事業承継対策が行われるとか。
① まず、承継者たちが、別会社を設立する。
② ついで、その会社が、株高の非上場会社の株式をオーナーから買い取る。オーナーに発生する譲渡所得税はやむなし。
③ 設立間もない会社で、資金が足りない場合は、銀行借入れする。
④ 買収した後、子会社から配当金を得て、銀行借入の返済原資とする。
⑤ 親会社では、受取配当の益金不算入で、課税無し。
以上で、承継完了。
新しい事業承継税制では、一定の条件のもと、贈与税の全額、相続税では所定の額が、納税猶予できるという税制が用意されたが、一定の条件が満たされない場合は、やはりこれとか。

                                                           (野村政市)
ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.