遺言書の書き方

asahisouzoku 10.png
遺言は、それぞれ遺言の種類によって法律で書き方が決められています。
せっかく書いた遺言書に不備があっては何の意味もありません。
 
ここでは公正証書遺言の書き方についての説明をいたします。

公正証書遺言の書き方の流れ

①公証人と打ち合わせを行い、遺言の内容を決める。

 

公証人と打ち合わせを行う必要があります。何度も打ち合わせを行いますので、この部分に一番手間がかかります。
遺言に財産を正確に記載するため、戸籍謄本や不動産の登記簿謄本等を集める必要もあります。

 

②遺言の内容が決定したら、実際に公証役場で公正証書遺言作成の日時を決める。

 

③証人2人に遺言作成日に立ち会ってもらえるようにする。

 

④遺言作成日当日に証人2人とともに公証役場へ向かい、遺言の作成、手続きを行う。

 

⑤公証人が遺言の内容を遺言者と証人に読み聞かせるか、閲覧させて、筆記した内容が正確かどうか確認してもらう。

 

⑥遺言者と証人2人が遺言書に署名・押印する。

 

⑦公証人が、方式に従って作成された旨を付記して署名・押印する。

 

⑧原本は公証役場で保管され、遺言書の正本と副本を受け取る。

 

⑨公証役場に費用を支払い完了。


 

証人・立会人の欠格者について

 

遺言執行者は証人になることが認められていますが、

・未成年者
・将来相続人となる予定の人(法定相続人と、遺言によって財産を受け取る人)
・将来相続人となる予定の人の配偶者・直系血族
・公証人の配偶者や四親等内の親族、公証役場の書記官や従業員

 

これらの方々は、証人になれません。

 
以上、公正証書遺言の書き方について説明しましたが、後々のトラブルを避けるために、
一度専門家に相談するか、チェックしてもらうことをおすすめしています。

 

当法人においても無料相談を実施しています。

 

お気軽にご相談下さい。
 

ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.