庭内神し(ていないしんし)の敷地等は非課税財産
 

 自宅の庭の一角に、弁財天を祀(まつ)るための祠(ほこら)とその附属設備として鳥居が
あります。祠(ほこら)の敷地やその附属設備は相続税の非課税財産に該当しますか。

 
 いわゆる「庭内神し」(ていないしんし)の敷地やその附属設備については、ただちに相続税
の非課税財産に該当するとは言えません。
しかし、
 まる1「庭内神し」の設備とその敷地、附属設備との位置関係やその設備の敷地への定着性
その他それらの現況等といった外形や、定着性その他それらの現況等といった外形や、
 まる2その設備及びその附属設備等の建立の経緯・目的、
 まる3現在の礼拝の態様等も踏まえた上でのその設備及び附属設備等の機能の面から、
その設備と社会通念上一体の物として日常礼拝の対象とされているといってよい程度に
密接不可分の関係にある相当範囲の敷地や附属設備である

場合には、
その敷地及び附属設備は、その設備と一体の物として相続税の非課税財産に
該当します。

(注) 「庭内神し」(ていないしんし)とは、一般に、屋敷内にある神の社や祠等といった
ご神体を祀り日常礼拝の用に供しているものをいい、
ご神体とは不動尊、地蔵尊、道祖神、庚申塔、稲荷等で特定の者又は地域住民等の信仰の
対象とされているものをいいます。

「庭内神し」と認められるためには、

東京地裁の判決の事案に照らし合わせると、さらに以下のようになります。
○庭内神しがコンクリート打ちの土台により固着されてその敷地となっており、その周りには
その附属設備として石造りの鳥居や参道が設置され、砂利が敷き詰められるなど、外形上、
小さな神社の境内地の様相を呈していること
○庭内神しやその附属設備は、その敷地から移設されたこともなく、その建立の経緯をみても、
この敷地を非課税財産とする目的でこれらの設備の建立がされたというわけでなく、庭内神し、
附属設備及びその敷地といった空間全体を使用して日常礼拝が行われていること
(例えば、仏壇や神たな等だけが置かれていて、その敷地全体やその家屋部分全体が
祖先祭祀や日常礼拝の利用に直接供されていない単なる仏間のようなものとは異なります)
 また、注意点としては「庭内神し」の敷地は移設されたことがないことが条件となっており、
今後非課税規定の対策として、「庭内神し」の敷地を移設して対策を取ったとしても、非課税
規定が適用されるかというと必ずしもそうではありません。
具体例
例えば、先祖代々から自宅敷地にある庭内神しの敷地について、そこに整然とした参道を設け、
砂利道とすることで、立派な庭内神しになるでしょう。
この場合には、自宅の一部が庭内神しの敷地として非課税になり、残りの自宅敷地部分では、
小規模宅地の80%評価減を受ける。その結果、相続税の課税価格が下がることになります。


ImgTop12.jpg


image1.png
    料金表はこちら       法人概要


 パンフレット申込み     スタッフ紹介


 ご依頼までの流れ     プライバシーポリシー


 セミナー案内         問合せ


© 2013 朝日相続なんでも相談in大阪/朝日大阪税理士法人 All Rights Reserved.